医師不足に思う

千葉県にもう一つの医学部をという運動があります。私も賛成です。
その理由は、人口当たりの医師の少なさもさることながら、千葉大学の頑張りに期待したいからでもあります。
千葉県の研修医採用人数は、平成24年289人、25年が294人と増えてきています。
一方、大学病院の研修医採用人数は全国レベルで減少し続けています。
平成23、24、25年の臨床研修病院の研修医が、4167人、4265人、4299人なのに対し、大学病院は3831人、3746人、3609人と尋常ではない減少傾向です。
仮に医学部の設置が決まったとしても、それに見あった教育システムを作ることは容易ではありません。
もしかしたら、教育システム構築に失敗しているからこその減少傾向でなけばよいと心底思います。
ただ、今後ますます進む高齢化を考えれば、全国に先駆けた高齢者医療に重点をおいた大学が、わが千葉県に一つくらいあっても良いと思うのです。