月別アーカイブ: 1月 2015

県警が「振り込め詐欺」対策チームを設置

今朝の各紙は、千葉県警の「特殊詐欺対策緊急タスク・フォース」の発足を報じました。
県内被害は、昨年11月末で1066件・約44億7300万円。すでに過去最悪だった2013年の31億9000万円を超えています。
私は、振り込め詐欺について、かねてより別の取組みがあるのではと思っていました。
これまでは、送金口座の凍結、ATMから引き出す「出し子」の逮捕、電話をかける「アジト」の摘発をしていました。つまり、主犯格には逮捕の手がなかなか届きませんでした。
そこで、私は昨年の9月議会で次のような質問をしました。
「加害者の側からすると、毎日のように莫大なキャッシュが入ってくるわけです。そのキャッシュは当然金融機関に預けることはできません。(略)毎晩どこかで豪遊するしか使いようもない、不動産も買えない、そういう金の使い方からのアプローチというのはできないのでしょうか。」
つまり、不自然な消費の方法に着目した摘発ができないかを質問したのです。
その夜、県警本部長から「あの質問は全く同感」とわざわざ声をかけていただきました。
今回のチームは、捜査員の倍増だけではなく、あらゆる分野から逮捕に結びつけるとのことです。
警察の努力ばかりではなく、私たち県民の側も細心の注意を払って特殊詐欺を激減をしたいと思います。

新年明けましておめでとうございます

20150101家族写真松寿園平成27年元旦 新春のお慶びを申し上げます。
わが家は、恒例の家族写真を撮りました。
子どもの成長とともに家族が増え、子どもの巣立ちとともに家族写真の人数も減っていきます。
子どもの成長を願う思いと少しさびしい思いもあります。
本年は7人の写真となりました。
いよいよ私にとっても大事な年が明けました。変わらぬご支援を心からお願い申し上げます。
皆様にとっても幸多きことを心からお祈り申し上げます。

ふじい弘之 ちば県政報告(平成27年新春号)

ふじい弘之「ちば県政報告」平成27年新春号

PDFはこちらから