「台風」を振り返る

今年の台風の特徴は、発生の多さでした。6月から8月の3ヶ月で、実に18個も発生し、特に8月12日からは5日連続で発生しました。
また、今年の台風で緊張したのは、紀伊半島に上陸した9月30日の24号でした。本州のほぼ中心部を縦断しましたが、仮に、千葉県近傍を通れば、昨年の台風21号と同じような被害が県内に出たかも知れないと思いました。
昨年の台風21号は、10月23日午前3時ごろに静岡県御前崎付近に上陸し、北東方向へ進み、朝9時には福島県のいわき市沖に抜けています。
千葉県のやや北に当たる茨城県つくば市を通り抜けたと思われますが、富津市や館山市など東京湾側に大きな高潮被害をもたらしました。
10月23日といえば、もう11月間近です。今年の24号よりも1カ月も後に当たります。
冗談ではなく、11月でも台風に備える時代になったということでしょう。

コメントは停止中です。