月別アーカイブ: 10月 2019

9年振りの同窓会

昨日、中学・高校の同窓会を行いました。
実行委員の一人として運営側に回りましたが、思った以上の不手際が多く、考えていることと動きの不一致に我ながら驚きました。
それでも青春の思い出を共有した100人が集まり、うれしく楽しい近況報告を伺いました。
言い換えると参加できなかった仲間も200人いることになります。
今回は、遠くフィリピンからの参加や台風15号、19号の被災地からの参加もあり、お互いに励ましあいながらの解散となりました。
昨晩、東京に宿泊したメンバーは、今晩もまた?という話も。

銚子市での冠水

銚子市の冠水状況を視察させていただきました。
お住まいの方からは小貝川の決壊(1986年8月・台風10号)のときよりも水が上がってきた、これまでで最悪だとおっしゃっていました。
河口付近の堤防は写真のように非常に低いものでこれを50cmでも60cmでも高くすればよいのではないかと思います。
ただ、その場合も川への排水溝はなくすわけにはいきませんので、逆流した排水はやはり市街地へ入り込んできてしまうのかも知れません。
川沿いにバイパス道路を通す計画があるとのこと。この道路工事の際に何か方法がないのか、関係機関と協議をしなければと思ました。

「三つ編み」を読んで

友人に薦められ、フランスでベストセラーになったというレティシア・コロンバニの「三つ編み」(早川書房)を一気に読み終えました。
女性差別をどう乗り越えていったかという凄まじくも感動的な小説なのですが、日本人の私にとってはあまり後味はよくありませんでした。
それは、「あなたの国ではどう?」と強く問われている気がしたからです。
9月25日に、私たち公明党県議団は森田知事に対して2020年度の予算要望を行いました。この中には、幾つもの男女平等に関する項目があります。
これらがどれだけ進んだのかと問い詰められている気がしたのです。
「政策・方針決定の場での男女平等の推進」から「アピアランスサポートセンターの設置」も含め、さらに強力に推進しなければと決意を新たにしました。

千葉県公明議員(2019年9月)

9月9日に千葉市付近に上陸した台風15号は、千葉県に甚大な被害をもたらしました。
9月8日20時30分に、公明党千葉県本部内に立ち上げた災害対策本部も未だに閉局できずにおります。
その後、千葉県下公明議員の活動が連日報道されるにいたり、今回は全国との比較ができない状態になりました。
今回の台風被害に際し、飲料水のペットボトル数万本送ってくださった団体、数万セットの簡易トイレや200個のスマホバッテリーを送ってくださった企業、館山市の富崎小学校にキッチンカーで駆けつけて下さった「牛かすうどん りっちゃん」そのほか大勢の皆様にこの場をお借りして心から御礼申し上げます。
私どもも、今後の復旧・復興に全力で取り組んでまいりますのでよろしくお願い申し上げます。