障害者アートの芽を育てる

千葉県障害者芸術文化活動支援センター「オンゲラ」を訪問させていただきました。
障害者のアートを何とか育てようと懸命に活動している人たちがいます。そして、そういう方々がいることを誇りに思います。
「オンゲラ」は、開設されたばかりですが、支援している団体自体はこれまでずっと市川市で市民ミュージカルを行ってきました。次回の公演は、来年の2月1日、2日とのことです。
「オンゲラ」とは、スワヒリ語で「おめでとう」という意味だそうです。
今はまだ、小さな芽かもしれませんが、障害者アートの花を満開に咲かせて、皆が生き生きと「おめでとう」と讃えあえる千葉県にしてまいりたいと思います。

コメントは停止中です。