医療機関へ協力金を

千葉県は、新型コロナウイルス患者を受け入れる医療機関へ協力金の支給を決めました。
入院患者一人につき50万円、集中治療室の病床には1日9万7000円などです。
私が、現場の医師の方々から「協力金が必要」との指摘を受けたのは4月27日のことでした。
平木大作参議院議員の呼びかけで医療現場の声をお聞きしたのです。
その際、愛知県は一人当たり100万円という金額を聞いて、正直なところ千葉県では難しいと思いました。
しかし、その後の国の交付金等があり、愛知県には届かないまでも千葉県も頑張ったと評価しています。
国は、診療報酬を倍増することとしましたが、それでは追いつかないくらい医療機関の支出があるということを意味します。
何としても、オール千葉、オールジャパンでコロナ危機を乗り越えたいと思います。

コメントは停止中です。