高度化ピックス試験導入

千葉県警察本部から「スマートフォンを利用した歩行者等支援情報通信システム」、通称「高度化ピックス」の試験導入をしますとの連絡がありました。
このシステムを、初めて千葉県議会で取り上げたのは、2019年12月9日の公明党・横山秀明議員でした。
「ブルートゥースを通じてスマートフォンにインストールした専用アプリが作動し、交差点の情報が音声や振動、画面に伝えられ、さらには横断延長機能がある信号機であれば遠隔操作もできる装置、いわゆる高度化PICSが運用されていると聞いております」と紹介し、視覚障害の方々の安全な横断支援を訴えたのでした。
試験結果が良好と認められ、全国に復旧することを心から念願しています。

コメントは停止中です。