千葉港内にヒアリを確認

6月19日に千葉港停泊中の船内で発見されたアリは、22日に残念ながら特定外来生物「ヒアリ」と確認されました。
6月14日に中国の厦門港を出港した鋼材積載船で、荷降ろし中に作業員が刺されたことから発見されました。この方はそのまま継続して従事しましたが、場合によってはアレルギー性のショックを起こすことがあり厳重注意です。万が一、刺された場合は悪化する可能性がありますので、必ず一人きりにならないようにしてください。
ヒアリは、今年度に入ってからも常総市、横浜市、江東区で見つかっています。県では、粘着トラップや殺虫餌を設置するとともに、緊急点検を実施しています。

コメントは停止中です。