東電と災害協定締結へ

昨年の房総半島台風による長期停電対策の一つとして電力会社との災害協定を強く主張してきました。
当時、先行していた県を訪ね、詳細を調査したうえで、2019年9月30日の公明党代表質問において、県議会として初めて早期締結を訴えたのです。
それが、ようやく本年7月30日に、東京電力パワーグリッド株式会社千葉支社との協定書締結式が行われる運びとなりました。
すでに県内4市が締結していましたが、これで県全域の電力復旧に拡大されることになります。
まだ梅雨末期ではありますが、台風シーズンも迫って参ります。県民の皆様の安全安心への取り組みに一層力を入れてまいります。

コメントは停止中です。