投稿者「Fujii」のアーカイブ

幼児教育無償化アンケート

昨年10月から「幼児教育・保育無償化」がスタートしました。この事業のフォローアップとして、公明党は、全国規模でのアンケート調査活動を行いました。その結果をご紹介します。
幼保無償化は、利用者の87.7%の方が評価する一方、企業主導型や幼稚園類似施設等は52%であるなど施設種類によって差があることがわかりました。
「今後取り組んでほしい施策」は、利用者は「保育の質の向上(50.1%)」、事業者は、そのためには「処遇改善(83.9%)」との回答でした。
さて、気になったのは無償化の対象になっていない施設の回答です。無償化にならなかった理由として「自治体が条例により対象としていないから」とのことです。
これが、全国では31.9%なのに対して、千葉県では54.5%。何か強い「縛り」があるのかも知れません。今朝から回答票に遡って確認しています。
私たちは、今後も施設経営の4大課題「人材の育成・確保」「事務負担の軽減」「運営費補助」「障害児の教育保育の充実」に取り組んでまいります。このたびの調査にご協力いただいた皆様に心から感謝いたします。

障害者ミュージカル開催!

今日からチャレンジド・ミュージカル「七人の八百屋お七」が公開されました。
千葉県障害者芸術文化活動支援センター・オンゲラによる公演で、市川市文化会館や千葉県文化会館など3公演があります。
私も皮切りの本日、市川文化会館に伺いました。
会場には、秋林県議や市川の小山田市議の姿もありました。
ミュージカルは、何よりも演ずる皆さんが実に楽しそうで、その雰囲気が開場とともに漲っていて、最後には会場が爆発したような盛り上がりでした。
大勢の皆様のご協力があって公演の大成功があったのだと思います。私たちもこうした取り組みがさらに発展し大成功するよう精一杯協力したいと思います。

1月の県下公明議員

2020年1月の公明新聞に登場した千葉県下の公明議員の記事はちょうど10件でした。
埼玉、神奈川、愛知、東京、大阪に次いで6番目。市原市、印西市、君津市、袖ケ浦市、我孫子市、市川市、鎌ヶ谷市、九十九里町そして千葉県でした。
今月は、国際地層科学連合による「チバニアン」正式決定があったなど、千葉県にとって記念すべき月となりました。
2010年2月議会において、初めてわが会派の代表質問で取り上げてから10年が経過しています。今後も先駆的課題に取り組んでまいります。

テロ想定訓練を実施

1月29日、幕張メッセにて国民保護共同実働訓練が行われました。
今回の訓練は、メッセでテロによる爆発事件が起こり、テロリストが逃走。その後、車を乗り捨てて商業施設に立て籠もるという想定でした。
爆発によって重軽傷を負ったという役柄の人たちは、冷たいコンクリートの床にずっと横たわっているのですから大変です。
救助に当たるほうは、現場に爆発物が残っていないか、化学兵器が使用されていないかを確認しないと現場に入れません。
そうした様々な想定に立って、幕張メッセ、千葉県救急医療センター、津田沼浄化センターへと場所を移しながらの訓練となりました。
今後もより実践的な訓練を繰り返しながら、県民の安全安心につなげていただきたいと思います。
ご関係の皆様に心から感謝いたします。

千葉県獣医師会賀詞交歓会

今日は、千葉県獣医師会の新春賀詞交歓会でした。
私たち公明党も「人と動物共生社会推進議員連盟」を結成して、獣医師会の皆様と動物愛護の運動を展開しています。
その活動の中で動物虐待の罰則が強化されたり、マイクロチップの義務化が実現したことはうれしい限りです。
市川会長からは、改めて殺処分ゼロを目指すとの力強い発言がありました。
ボランティアで愛護活動を続けている多くの関係者の負担がこれ以上増えないよう、県民の皆様に呼びかけながらさらに活動を展開してまいりたいと思います。