ブログ」カテゴリーアーカイブ

1月の県下公明議員

2020年1月の公明新聞に登場した千葉県下の公明議員の記事はちょうど10件でした。
埼玉、神奈川、愛知、東京、大阪に次いで6番目。市原市、印西市、君津市、袖ケ浦市、我孫子市、市川市、鎌ヶ谷市、九十九里町そして千葉県でした。
今月は、国際地層科学連合による「チバニアン」正式決定があったなど、千葉県にとって記念すべき月となりました。
2010年2月議会において、初めてわが会派の代表質問で取り上げてから10年が経過しています。今後も先駆的課題に取り組んでまいります。

千葉県獣医師会賀詞交歓会

今日は、千葉県獣医師会の新春賀詞交歓会でした。
私たち公明党も「人と動物共生社会推進議員連盟」を結成して、獣医師会の皆様と動物愛護の運動を展開しています。
その活動の中で動物虐待の罰則が強化されたり、マイクロチップの義務化が実現したことはうれしい限りです。
市川会長からは、改めて殺処分ゼロを目指すとの力強い発言がありました。
ボランティアで愛護活動を続けている多くの関係者の負担がこれ以上増えないよう、県民の皆様に呼びかけながらさらに活動を展開してまいりたいと思います。

チバニアン決定

本日(1月17日)、国際地質科学連合は、77万4000年前から12万9000年前の「中期更新世」の正式名称を「千葉時代」を意味する「チバニアン」とすることを決めました。
この地軸逆転地層を発見し地道に研究を続けてこられた方々、これまで保全や紹介に努力されてきた地域やご関係の皆様に心から敬意を表します。
かねてより議員の立場から同地層の重要性を訴えてきた私どもにとってもこれほどの喜びはありません。
世界のどの地であれ、地軸逆転の地層として最もふさわしい地層にゴールデンスパイクが打たれるべきだと思っておりました。そのような地層こそ世界の地質学の発展、将来の学術的研究に資する地層だと考えていたからです。
国際地質科学連合によって田淵の地層の価値が認められたことは、県民にとっては新たな誇りの誕生であると同時に、千葉県議会ジオパーク構想推進議員連盟として活動してまいりました私たちにとっては、地層の保全や活用についての責務の重さを改めて痛感しております。様々な形で関係各位に協力してまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

松戸商工会議所賀詞交歓会

今日は、松戸商工会議所の新年賀詞交歓会に参加させていただきました。
例年、同日に千葉日報社主催の賀詞交歓会があり、両者に参加したいのですがどちらかしか参加できません。今年は、松戸市の方に参加させていただきました。
昨年10月に消費税が2%上がり、その影響などをご参加の皆様から伺うことができました。
本年は、オリンピック・パラリンピックイヤーとなります。スポーツの持つ力を最大限に発揮し、皆様の笑顔につながるよう取り組んでまいります。

2020年新春街頭演説会

新春街頭演説会を新京成八柱駅頭にて行いました。
令和はじめての新年を迎え、「令和」という元号通りの平和な1年としてまいりたいと思います。
ところが、本日の朝刊各紙は米国とイランとの緊張の高まりを伝えています。米軍が行った空爆によるイラン革命防衛隊の司令官殺害に対し、イランも報復を宣言。今後、米軍は3000名以上の増派の方針とも報じられ、まさに泥沼の情勢となっています。
私たちの日本は、食料自給率の低さからも資源の乏しさからも貿易の停滞が死活問題となる国です。世界が平和であり、地球上のどこで紛争が起こっても生存が脅かされる国です。
令和2年の本年は、これまで以上に世界情勢に目を向け、国際平和に貢献する国でありたいと思います。そして、地方政治あっては、本年も地に足の着いた生活者の視点に立った議会活動をしてまいりたいと思います。
本年も何卒よろしくお願い致します。