交通安全」カテゴリーアーカイブ

危ない交差点

5月8日、大津市の交差点で直進車と右折車が衝突し、保育園児ら16人が死傷するという痛ましい事故がありました。
事故後、千葉県でも県土整備部と警察本部が合同で危険な交差点の総点検を行いました。
今回の事件は、園児の散歩コースで発生しましたので、通学路ということではなく、小学校・幼稚園・保育園から1キロ圏内の交差点の調査となりました。
その結果、県内263か所の交差点において改良が必要とされ、本年度内に工事を行います。
松戸市では、国道464号線の秋山、県道市川松戸線の第2中前交差点、松戸野田線の古ヶ崎五差路、市川松戸線の八柱霊園参道入口交差点、さくら通り入口交差点、東松戸駅西側交差点、和光石材前、千葉鎌ヶ谷線のあづま家石材店の8か所の交差点で、車止めポールやガードレールが設置されることになります。
お互いに細心の注意で交通事故ゼロを目指してまいりたいと思います。

歩行者にご注意を!

JAFのホームページに『信号機のない横断歩道を歩行者が渡ろうとしている場面で、9割以上のクルマが一時停止をしていない』との調査結果が掲載されています。道交法38条には必ず一時停止するよう義務付けられており、千葉県警察本部も取り締まり強化をしています。
横断歩道の歩行者を立ち止まらせるなどの違反は、点数で2点、9000円の反則金となりますが、何よりも歩行者の安全確保が最重要です。
9割以上ですからほとんどの運転者がこれまで意識していなかったことでしょう。安全確保に細心の注意を払ってまいりたいと思います。

「歩道拡幅」の御礼

今日の公明新聞に『車との接触防止へ 県道の歩道を拡幅』という記事を載せていただきました。
9月20日には、市川市の佐久間様から『公明のネットワーク力に大感激』という投稿をお寄せいただき、私の方が大感激いたしました。
これは「県道の歩道が狭い」という市民相談を受け、飯箸きみあき市議がバス停を小さなものに替え、私が歩道のラインを引き直していただいた案件です。
道路自体の拡幅はできず、では何ができるかを担当者や関係者から智慧を出していただいたのです。
一つの市民相談に多くの人が関わっていることを改めて認識し、それによって喜んで下さる方が市外にもいらっしゃったことに望外の喜びをいただきました。
声を上げて下さった方も対応して下さった方も、少しでも町をよくしようという同じ目的に立っています。
双方の方々に心から心から御礼申し上げます。

現場を歩く

20171102元山今日は幾つもの市民相談が重なりました。
朝の駅頭後、午後は夜7時まで市内各所を回るという大変珍しい1日でした。
その中の1カ所は大変不幸な交通事故が重なった市道です。
通学路であるだけではなく、子どもたちが集まってくる公園もあり、沿道にはこれまであったマンションが40世帯ほどの戸建て住宅地に生まれ変る場所もあります。おそらく子どもさんのいる世帯が多数入ってくることでしょう。
この歩道のない市道の安全をいかに確保していくか、知恵を絞りながら県警当局と協議してまいります。

旭市の道路整備要望

20171031旭香取道路整備昨日、香取市を訪問し小野勝正市議と、ある案件での現地調査をしました。
小見川は、わが家から車で2時間半はかかりますので、この際ですので問題の箇所だけではなく他の場所も回らせていただきました。
そのなかの一つの道路整備の要望場所は、少しばかり旭市に入ったところでした。
現地に着いたときに、ちょうど県のパトロールの人たちがほとんど同じ場所の巡回をしていましたので、一緒に見ていただきました。
地盤の悪さから道路がガードレールともども外側に流れています。
見た感じでは補修では済まない感じですので、さっそく取りまとめて申し入れしたいと思います。
現地でお世話になった方々に心から感謝いたします。ありがとうございました。