文化芸術」カテゴリーアーカイブ

小野克之氏個展「ヒマラヤ 光の詩」

コロナ禍により、中止されていた小野克之氏の個展「ヒマラヤ 光の詩 5th」が、新宿中央公園のエコギャラリーにて開催されました。
小野氏は、世界最高度で油絵を描く画家であり、私の同級生でもあります。そんな関係で、会場では懐かしい同級生たちと久闊を叙すことがきました。
私は、その後、神奈川へ向かう予定があり、短時間しか観ることができず本当に残念。会期中にもう一度時間が取れればと思います。
今回は、マカルーやチャムラン、カンチェンジュンガの雄々しい姿に元気をもらって会場を後にしました。

知事、教育長へ要望書提出

昨日は、知事、教育長へ予算要望書を提出させていただきました。
一つは、千葉県議会文化芸術振興議員連盟として、もう一つはスポーツ振興議員連盟として。
両議員連盟の副会長を仰せつかっている関係で、本会議前に教育長へ、本会議散会後に知事へ、連盟役員とともに申し入れを行いました。
コロナ禍の影響による文化芸術活動やスポーツ関係の方々のおかれた危機的状況には言葉を失います。
オリンピック、パラリンピック延期の関係で、数々の文化プログラムや障害者スポーツ含め多くのスポーツイベントが打ち切られたり、延期となりました。
それらが一日も早く開催されるよう、そして皆が伸び伸びと何気兼ねなく文化活動やスポーツが行えるようできる限りのことをしていく決意です。

高校生の文化活動

千葉県高等学校文化連盟より創立30周年記念誌を賜りました。
高校生の皆さんの文化に対する深い思いを肌で感じることができたこと、裏方で大会の成功を支えていた皆さんの姿に接したことなど、記念誌を手にして、記念式典のことを懐かしく思い出しています。
私たちの呼びかけで、千葉県議会として初めて超党派で委員会を立ち上げ文化芸術振興条例を策定することができました、そのことを会長のご挨拶で触れていただいたことも光栄でした。
今年の全国大会は、コロナ禍のために代表のみが参加するWEB大会ではありましたが、明年以降の千葉県、そして全国の高校生の若々しいエネルギーが、日本全国を大いに元気づけてくれることを期待しています。

松戸市文化祭の中止

昨日、松戸市俳句連盟会長から恒例の「松戸市文化祭俳句大会」の中止を知らされました。
新型コロナウイルス感染症対策のため「松戸市文化祭」全体が中止となってしまったのです。
私自身、運営ボランティアに携わっていただけに本当に残念です。
新型コロナ感染症は、文化芸術、芸能関係の団体や個人に極めて深刻な影響を与えています。
先日、読売交響楽団が活動を始めたとの心強いニュースが流れましたが、3密を避けるために会場定員の大幅抑制が避けられません。
それでも開催できたこと自体が僥倖であり、ほとんどの文化関係者は途方に暮れているのではないでしょうか。
こうした方々をどう支えていくかが政治や行政の重大な責務です。県として実施しなければならないことを具体的に提案して参りたいと思います。

障害者ミュージカル開催!

今日からチャレンジド・ミュージカル「七人の八百屋お七」が公開されました。
千葉県障害者芸術文化活動支援センター・オンゲラによる公演で、市川市文化会館や千葉県文化会館など3公演があります。
私も皮切りの本日、市川文化会館に伺いました。
会場には、秋林県議や市川の小山田市議の姿もありました。
ミュージカルは、何よりも演ずる皆さんが実に楽しそうで、その雰囲気が開場とともに漲っていて、最後には会場が爆発したような盛り上がりでした。
大勢の皆様のご協力があって公演の大成功があったのだと思います。私たちもこうした取り組みがさらに発展し大成功するよう精一杯協力したいと思います。