2020年新春街頭演説会

新春街頭演説会を新京成八柱駅頭にて行いました。
令和はじめての新年を迎え、「令和」という元号通りの平和な1年としてまいりたいと思います。
ところが、本日の朝刊各紙は米国とイランとの緊張の高まりを伝えています。米軍が行った空爆によるイラン革命防衛隊の司令官殺害に対し、イランも報復を宣言。今後、米軍は3000名以上の増派の方針とも報じられ、まさに泥沼の情勢となっています。
私たちの日本は、食料自給率の低さからも資源の乏しさからも貿易の停滞が死活問題となる国です。世界が平和であり、地球上のどこで紛争が起こっても生存が脅かされる国です。
令和2年の本年は、これまで以上に世界情勢に目を向け、国際平和に貢献する国でありたいと思います。そして、地方政治あっては、本年も地に足の着いた生活者の視点に立った議会活動をしてまいりたいと思います。
本年も何卒よろしくお願い致します。

2020年おめでとうございます

新年、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。
今年の年末年始も、精読しなければならない資料の山と向き合っています。
児童虐待の報告書、台風災害の第三者委員会中間報告、農業政策の基本計画などなどですが、そんな折に伊藤照子江戸川区議から議会報告をいただきました。
私自身の励みになりますし、ほっと一息つくなどうれしい限りです。ありがとうございました。
さて、今月は早々に2月議会の準備に入ります。今議会では、私は予算委員として仲村秀明議員(船橋市)とともに公明党を代表して2020年度予算の審議にあたります。県民の皆様の福祉向上、そして安全安心の前進にしっかり取り組んでまいります。

2019年12月の公明議員

本日が、本年最後の公明新聞です。
今月の千葉県下地方議員の登場件数は7件で、全国第5位でした。
第1位は断トツの30件で大阪府。以下、福岡県、埼玉県、神奈川県と続きます。
大阪の30件の大半は公明新聞の有権者比1%達成記事で、大阪の底力を感じました。
わが県の7県は、君津、白井、木更津、船橋の4市と千葉県の記事です。
いよいよ令和2年を迎えます。皆様、良いお年を。

私立高校の保護者負担軽減を

12月9日、公明党千葉県議団は森田健作知事に対して「私立高等学校における一層の保護者負担軽減を求める要望書」を手渡しました。
明年4月から私立高校授業料の実質無償化がスタートするにあたり、地域間格差が拡大する恐れがあるための申し入れです。
公立高校は、すでに「就学支援金」が支給され、実質無償化となっていますが、私立高校については、年収約590万円までの世帯に平均年間授業料を4月から支給することになっています。
ところが、国は590万円から910万円未満の世帯には公立校の年間平均授業料である11万8800円の支給をする考えです。
そこで、本県の高校生が少なからず近県の高校に通っている実態を踏まえ、近県と歩調を合わせた保護者軽減を図るべきという申し入れを知事に行いました。通う高校の場所によって不公平を生じさせてはならないという主張です。
今後も皆様の声に真剣に耳を傾けてまいります。

2019年11月の公明議員

2019年11月の千葉県下公明議員の公明新聞登場は10件でした。
市川市、八千代市、佐倉市、睦沢町、山武市、船橋市に県議団です。
東京、愛知に次ぐ3番目の多さですので頑張っていると胸を張れるかと思います。
明日から師走です。1年間で1度は千葉県下全議員が登場するのが目標です。また頑張ってまいります。