拉致問題を風化させない!

2月5日の拉致問題啓発事業、アニメ「めぐみ」上映会に参加させていただきました。
昨年の富里市の際には、参加できませんでしたので、ようやく拝見できました。
会場の富津市民会館には、中学生たちも参加されていて、皆でこの問題を風化させない、拉致被害者を忘れないとの決意を新たにしました。
また、当日は被害者ご本人やご家族のビデオメッセージも上映され、憤りとやるせなさに、心底つらくなりました。
上映の企画、運営に携わって下さった方々に心から御礼申し上げます。

成人の日記念街頭演説

恒例の「成人の日」記念街頭演説会を行いました。
今年の最大の課題は、私は物価高だと思っています。
新型コロナの感染拡大による経済活動の低迷が供給不足となり、それをロシアによるウクライナ侵攻が駄目押しした格好かと思います。
国際的低インフレについて「ジャパニフィケーション」という有り難くない名称が使われていましたが、一転インフレ下にあっては良き「日本化」を目指して参りたいと思います。
感染防止に細心の注意を払いながらも、経済活動を正常化させる努力をしてまいりたいと思います。
新成人の皆様とともに明るい未来へ向けての1年にしてまいりたいと思います。

「新春の集い」で新年をスタート

お陰様を持ちまして、私どもの「新春の集い」を無事終えることができました。
ご協力いただきました皆様に心から御礼申し上げます。
また、大勢の皆様にお出でいただいての開催となりました。不行き届きの点がございましたらどうぞご容赦下さい。
いよいよ本年は統一地方選となります。東葛地域でも松戸の県議選、浦安の市議選など大変厳しい選挙戦が予想されます。
皆様のご期待にお応えできますよう、心新たに出発いたしますので、どうぞ変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
(写真は、「新春の集い」役員会前の控室です)

全日本空手道選手権大会へ

全日本空手道選手権大会(骨髄バンクチャリティー 第54回オープントーナメント)に参加させていただきました。
ご招待してくださった塚越孝行さん(第9回世界大会チャンピオン)に心から感謝いたします。
突きや蹴りを素手と素足でぶつけ合うフルコンタクトの空手の迫力をひしひしと感じました。
鍛えているとはいえ、どうぞ選手の皆さんお怪我のないようにと願います。
本年9月はポーランドで大会が開催されたとのこと。その隣国はまさにウクライナです。
平和であってこその大会です。勝ち抜いた選手が次の世界大会へ無事参加できますよう、心からお祈り申し上げます。

地域の人へ感謝

今日の日本農業新聞に、私の母校についてのうれしい記事がありました。
創価大へ地場産」との見出しで、『八王子市加住地区で活動をしている地域団体』が『道の駅八王子滝山農産物直売所出荷組合』と協力して『東京箱根間往復大学駅伝競走2023に出場する創価大学駅伝部へ地場産農畜産物を贈った』という記事です。
『瀬上総監督は「地元への感謝を込めて頑張る」と話した』とされていました。
駅伝部の部員だけではなく、多くの方々が地元の皆様の応援に感謝していることと思います。
私も地域の皆様に感謝をしつつ、選手や駅伝関係者の皆様に今年もエールを送りたいと思います。