月別アーカイブ: 4月 2021

2021年4月の千葉県公明議員

今月の公明党千葉県地方議員の公明新聞掲載記事数は、私の知る限りで初めての単独全国一位でした。
市川、富里、鴨川、佐倉、茂原、松戸、鎌ヶ谷の7市と長南、長柄の2町、そして千葉県です。
なかでも、佐藤恵子さんや山澤誠さんなど勇退された議員の活動にも触れてられていて、現職議員に対するエールに思えました。

緑海橋へ行ってきました

4月10日の本ブログで紹介した山武市の緑海橋へ行ってきました。
元市議の本山英子さんにもお出でいただき、地域の皆様と地元の市川陽子議員とで記念撮影を。
橋は、高潮や津波が木戸川を遡ってきた時にも、水害を防ぐ作りになっていますが、それよりも何よりも日常生活には欠かせない橋の通行が安全に行えるようになりました。
ご関係の皆様のご尽力に心から感謝いたします。

感染拡大防止協力金一覧表

同僚の阿部俊昭議員(柏市選出)が「千葉県感染拡大防止対策協力金」の現況が一目でわかる一覧表を作成してくれました。
お陰様で、多くの方々の問い合わせに的確にお答えできます。
千葉県は、現時点で4月20日から5月11日までの期間に対応した「第7弾」の対策協力金支給事業を行っています。
ところが、実際の支給となると、他の都道府県同様やはり遅れており、どうしても申請書類に誤りがあると時間がかかります。
阿部さんの一覧表で支給状況を見ると、第1弾は100%支給、第2弾は86.57%、3月7日までを対象とした第3弾は21.58%の支給率です。
県としても大変な作業でしょうが、一日も早く支給できますようよろしくお願い致します。

豆苗の育ち

豆苗がみるみる再生しました。豆苗はエンドウの若菜だそうです。
当たり前と言えば当たり前ですが、光の方へ光の方へ伸びていきます。
ちなみに、置き方を逆にすると、はたして新たな光の方へと伸び始めます。
豆苗にも花言葉はあるもので、「約束」「幸福」「必ず来る幸福」などとされていました。誰が決めるのでしょう。
わが家の豆苗は、2度目の育ちですので多分最後かと思います。近いうちに献立に乗せてみようかと思います。

ヤングケアラーに支援を


最近「ヤングケアラー」を取り上げる新聞記事が増えてきました。
ヤングケアラーについての明確な定義はありませんが、家族を介護している18歳未満の子どもとされています。
家族介護自体は、決して悪いことではありませんが、それが就学に差し障るようになるとこれは大きな問題となります。
千葉県議会では、ケアラー支援についての議論はありましたが、「ヤングケアラー」そのものを初めて取り上げたのは、2020年12月議会の公明党代表質問でした。
わが党仲村秀明議員が、埼玉県での調査を踏まえ「本県でも同程度のヤングケアラーが存在することが想像される」「本県においても状況を把握し支援すべき」と訴えました。
今後、ヤングケアラー支援に様々な提案をしてまいりたいと思います。