特別支援学校のバス増便

かねてより県立特別支援学校の感染リスクの低減のために通学用スクールバスの増便が求められていました。
また、通常のバスでは乗車ができない車椅子の子どもさんもいて、車椅子ごと乗車できるバスの導入も求めていました。
それに対し、期限付きではありますが、このほど増車案が示されました。
松戸市関係では、「松戸」が流山コース、「つくし」が東コースと六高台コース、「矢切」が中央コースと八ヶ崎コースと計5コースに小型バス1台が追加される案です。
これにより90%を超えていた乗車率が60%前後へ改善されます。
まだ、決定ではありませんが実現に取り組んで参ります。

コメントは停止中です。