月別アーカイブ: 7月 2021

2021年7月の千葉県公明議員

2021年7月の千葉県公明党地方議員の公明新聞登場件数は19件でした。
埼玉に次いで2番目の多さです。
掲載されたのは、八街、松戸、山武、市原、いすみ、市川、船橋、鎌ヶ谷、南房総の10市と九十九里、長生の1町1村、そして千葉県です。
今月は、八街で小学生が巻き込まれる痛ましい交通事故があり、それに伴う交通安全対策への取り組みがなされました。
しかし、事故の本質は飲酒運転というあってはならない行為にあることを忘れてはなりません。事故直後、飲酒運転撲滅の活動をしている諸団体と意見交換をしました。
千葉県議会においても飲酒運根絶へ向けて真剣に取り組んでまいります。

「雷三日」

今朝は、ちょうど駅頭に向かうときに雷雨となり、駅頭での県政報告を中止しました。
小学生の頃、稲光があってから雷鳴までの秒数を数え、音速からどのくらい離れているか割り出す計算をよくしていました。
しかし、これは意味がありません。積乱雲の大きさは十数キロありますので、その下はどこであれ落雷の可能性があります。
中学時代から一人で山登りをしていましたので、山での落雷事故についてはかなり調べました。
その結果、山岳地帯で落雷にあった場合、その場で身を護る術に規則性を見出せませんでした。
落雷事故は山に限らず毎年発生しており、不幸にして亡くなられる方も一人二人ではありません。まさに要注意です。
また最近、竜巻がしばしば話題になります。竜巻も雷同様、大気が不安定な時に現れます。竜巻の予報はまだ精度が高くありませんので、雷注意報が出たときは「竜巻にも注意」したいものです。

7月の台風接近

台風は、年間25個ほど発生し、そのうち11個ほどが日本に接近し、3個ほど上陸するのがパターンです。
正確には、平均上陸数2.7回ですが、天気予報は、台風8号が7月27日に関東に上陸すると報じています。
千葉県に大きな被害をもたらすものは、大体9月、10月ですので、かなり異例にみえます。
ただ、2018年の台風12号は、7月24日から28日にかけて関東に接近し、その後、左に急カーブを切って紀伊半島に上陸しました。
このときは、さらに関西、中国、九州北部を抜けて行きましたので、「迷走台風」と言うより、むしろ「逆走台風」でした。
公明党千葉県本部では、毎年のように災害対策本部を立ち上げて台風への警戒を強めています。
その経験から、「同じ台風は全くない、常に初めての(大きさ、強さ、動きの)台風」というのが偽らざる実感です。

県政リポート2021夏号

今日、「県政リポート2021夏号」が刷り上がってきました。
いよいよペンダコを作っての発送作業が始まります。
今回の「県政リポート」は議会活動よりも知事や教育長に対する要望書提出が中心となっています。
新知事が誕生しましたので、5月14日に県政運営全般についての要望書提出を皮切りに、「新型コロナウイルスワクチン接種に関する緊急要望」「コロナ禍における女性(児童・生徒)の負担軽減に関する緊急要望」そして7月1日には「通学路の徹底した安全対策を求める緊急要望書」と計5本の要望活動を行いました。
それだけ大きな問題が立て続けに起こってしまったということでもあります。
なお、9月議会には私が代表質問に登壇します。その際にも提案型の実りある議論をしてまいりたいと思っています。

出勤前に

わが家のように庭がなくても、草むしりをする必要があります。文字通り朝飯前の仕事ではあります。
汗だくになりながらも、「私を野球に連れてって」を口ずさみ、大谷選手の活躍を思い浮かべて自らを励まします。
今日も大袋2袋分で時間切れになってしまいました。
わが家の向かいには山(?)がありますので、まだまだ終わりが見えません。
近隣の皆様には、しばらくご迷惑をおかけします。