新生児の命を守りたい

8月26日、千葉県知事に「新型コロナ感染症の急速な拡大と自宅療養者急増に対する緊急要望書」を提出しました。
本県において早産による新生児死亡というあってはならない痛恨の事態が起こってしまいました。
妊婦さんなどなかなか入院できないほど、感染拡大に歯止めがかかりません。
現時点での有効な対策として10項目の要望書を提出しましたが、9月定例県議会の段階でどういう状況かは予断を許しません。
医療従事者の献身的な努力だけではどうしようもない段階に来ています。
知事部局も議会も打てる手はすぐに打つという姿勢でのぞまねばなりません。

コメントは停止中です。