月別アーカイブ: 4月 2022

2022年4月の千葉県公明議員


2022年度スタートの4月の千葉県下公明議員の新聞掲載は、流山・松戸・船橋・木更津・四街道・八街・佐倉市と九十九里町の7市1町でした。
条例提案から水たまりの解消まで幅広い実績です。またOB議員の活動も紹介されました。
実現にお力をお貸しくださった皆様や紙面作成にご協力いただいた皆様にも心から感謝申し上げます。

長期的視野でウクライナ支援を

4月2日の朝刊各紙は、林外相が岸田総理の特使として、昨夜ポーランドへ向かったことを報じています。
記事によれば、政府は政府専用機でのウクライナ避難民受け入れを検討する、ウクライナの人たちの滞在先の確保や生活費の支給など入国後の支援体制について整備を急いでいると報じています。こうした人道的支援をわが国は積極的に進めるべきと思います。
公明党千葉県議団も、3月17日に熊谷知事に対して『ウクライナへの軍事侵略に関する人道的支援等を求める緊急要望書』を提出し、その第一項目を「県営住宅など住居の提供」としました。今後はホテルなど一時的な滞在場所の提供のみならず、住居や就労支援も必要となってくることと思います。
プーチン大統領が、侵略を簡単にあきらめないことも想定しなければなりませんし、ウクライナ国土の破壊状況を見る限り、復興の長期化が懸念されます。
長期的な視野でのウクライナ支援が求められます。

福和先生最終講義教材

名古屋大学を退官された福和伸夫先生から「プレゼント」が届きました。
先生の最終講義「知彼知己者百戦不殆で転禍為福」の教材一式在中と書かれています。
包みを開けると、福和先生の御本とともに、先生考案の建物の構造によって地震の揺れがどう違うかを知るキット、そして南海トラフ巨大地震の発生から6分刻みでの津波高が分かるホログラムカードが同梱されていました。
これまで本当にお世話になりました。コロナが収まれば、また減災館にお邪魔したいと思います。